オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

錦織圭 主要大会決勝の優勝・準優勝記録


グランドスラム

対戦相手:マリン・チリッチ
スコア:3-6, 3-6, 3-6

クロスロード <錦織圭>
テレビ東京 2014/10/11 22:30 - 23:00
プロテニスプレーヤー錦織圭。全米オープンで日本人として初めてグランドスラム決勝に進出し、凱旋帰国、楽天ジャパンオープンに出場した。マレーシア・東京。楽天オープンまでの1ヶ月を追いました。

国枝慎吾選手が全米オープンテニス2014で優勝、4度目の年間グランドスラムという偉業を達成!錦織圭選手も日本人で初めて決勝に進む歴史的快挙!! uniqlo.com/jp/corp/pressr…

錦織くん、準優勝 (2014/09/09): 今朝、待ちに待った、全米オープンテニスの決勝が行われた。 上位選手を次々に破り、グランドスラム日本人初の決勝進出という快挙を成し遂げた錦織… goo.gl/fb/pChDjR

現在放映中。錦織圭 日本人夢の初優勝へ!全米オープンテニス 錦織圭vsチリッチ
2014シーズン最後のグランドスラムとなる全米オープンテニス。最終日男子シングルス決勝。 pic.twitter.com/UJEC3Vs32v

マスターズ1000決勝

対戦相手:ラファエル・ナダル
スコア:6-2, 4-6, 0-3ret.

男子シングルス決勝で錦織圭選手が世界ランキング1位のラファエル・ナダル選手と対戦したが、試合途中に腰の痛みを訴えて棄権し、準優勝に終わった。

対戦相手:ノバク・ジョコビッチ
スコア:3-6, 3-6

テニスのマイアミ・オープンは3日、米フロリダ州マイアミで男子シングルス決勝を行い、第6シードの錦織圭は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3─6、3─6で完敗。準優勝に終わった。

錦織は第1セットの第1ゲームでサービスブレークに成功。しかし、その後はジョコビッチがあらゆる面で錦織を圧倒した。

対戦相手:ノバク・ジョコビッチ
スコア:3-6, 5-7

リオデジャネイロ五輪の前哨戦でもある今大会はツアーでも格が高いマスターズで、錦織は3度目のマスターズ決勝でまたも初制覇に届かなかった。ジョコビッチ戦の連敗は9になった。http://www.sankei.com/photo/story/news/160801/sty1608010002-n1.html

ATPツアー優勝(11回)2017/06/01時点

シングルス: 22回 (11勝11敗)

下記はそのうちの決勝のみをまとめてみました。

対戦相手:ジェームズ・ブレーク
スコア:3–6, 6–1, 6–4

2008年、アメリカ・フロリダ州で行なわれたデルレイビーチ国際に参戦した錦織圭は、初めてATPツアーで決勝まで駒を進めた。対戦相手は、第1シードのジェームズ・ブレーク。世界ランキング12位のアメリカを代表する選手である。そんな相手に、世界ランキング244位の錦織は、怯(ひる)むことなく果敢に攻めていった。第1セットは3-6で先取されるも、第2セットを6-1で奪い返す。そして第3セット、得意の『エアK』を何度も炸裂させた錦織が6-4で制し、逆転でATPツアー初勝利を成し遂げたのである。

試合後、敗れたブレークは「彼のジャンピング・フォアハンド(エアK)には悩まされた。ノバク・ジョコビッチ(現世界ランキング1位)のようだった」と絶賛。世界ランキング244位の18歳が優勝したというニュースは、世界でも大きく報じられた。あれから4年後、錦織圭は日本男子最高の18位まで上り詰めている。

対戦相手:ミロシュ・ラオニッチ
スコア:7–6(7-5), 3–6, 6–0

オーストラリア・ブリスベンで開催されている「ブリスベン国際」(ATP250/オースラリア・ブリスベン/1月1~8日/賞金総額43万7380ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第7シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がディフェンディング・チャンピオンで第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を7-6(7) 6-2で破り、ツアー5度目の決勝進出を果たした。ディミトロフはこのブリスベンで2012年に準優勝している。

対戦相手:フェリシアーノ・ロペス
スコア:6–2, 6–3

全米室内選手権の男子シングルスで優勝を決めて喜ぶ錦織圭(右)。フェリシアノ・ロペス(左、スペイン)を6-2、6-3で破って優勝し、昨年10月の楽天ジャパン・オープン以来のツアー通算3勝目を挙げた。優勝賞金29万1800ドル(約2750万円)を獲得した(米テネシー州メンフィス)(2013年02月24日)

対戦相手:イボ・カルロビッチ
スコア:6–4, 7–6(7-0)

2月10日からアメリカ・メンフィスでスタートした「USナショナル室内テニス選手権」(ATP250/インドアハード)で決勝が行われ、錦織圭(日清食品)がイボ・カルロビッチ(クロアチア)を6-4 7-6(0)で倒して優勝した。錦織にとっては初の同一大会の連覇になる。錦織はこれで103,100ドルの優勝賞金に、250のランキングポイントを得た。

「タイトルを守るというのはとても素晴らしい気持ちになるものだと思った。特にこの大会でできたことがうれしい」と錦織は話している。

対戦相手:サンティアゴ・ヒラルド
スコア:6–2, 6–2

【4月28日 AFP】男子テニス、バルセロナ・オープン(Barcelona Open Banc Sabadell 2014)は27日、シングルス決勝が行われ、大会第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)は6-2、6-2でコロンビアのサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に勝利し、キャリア通算5度目の優勝を飾った。

-Uncategorized

×