オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

顔面死球で球場が騒然‥阪神・鳥谷選手に心配の声が上がっている


●阪神タイガースの中心選手として活躍する鳥谷敬選手

守備能力は高く、土のグラウンドで遊撃手の守備率を.990台に乗せた初めての選手

2010年は自身初の打率3割、遊撃手史上初のシーズン100打点、通算1000本安打を達成

・2013年には、WBC日本代表に選出された

2013年はWBC日本代表に選出され、台湾戦ではアウトになれば試合終了の場面で盗塁を成功させ、次試合では先頭打者本塁打も記録

●その鳥谷選手が巨人戦で、吉川投手から顔面付近に死球を受けた

巨人9回戦(甲子園)の五回に吉川光から顔面付近に死球を受けた。

この鳥谷のデッドボール目の当たりにした。

当てるのは、しょうがないけど、謝らんと。ほんまに。

9回の上本のホームランに救われた。ありがとうウエポン!

pic.twitter.com/vEfFvOeMqe

・鳥谷選手は出血した鼻をタオルで押さえながら、ベンチに引き揚げた

【阪神】頭部直撃死球の鳥谷、自ら歩いてベンチへ 甲子園は一時騒然 dlvr.it/PDNxHM #野球 #スポーツ新聞 pic.twitter.com/vKdbCUGHeW

その場でうずくまり担架が運ばれたが、出血した鼻をタオルで押さえながら、自らの足でベンチに引き揚げた。

25日の巨人戦(甲子園)の出場が心配されるが、5回裏終了後に鼻をティッシュで押さえながらロッカールームへと引き揚げた。

・金本監督は、当たった箇所は「鼻だと思う」と説明

試合中に病院へ向かった鳥谷ついて、金本監督はボールが当たった箇所は「鼻だと思う」と説明。

●ネットでは、この死球に驚きの声が上がっていた

鳥谷の出血量やばくて笑えんわ

-Uncategorized

×