オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

巨人軍の伝説を支えた男達!歴代投手まとめ


堀内恒夫

小学生時代に右手人差し指をうどん製作機に挟まれ、1cmほど切断する大怪我を負っている。しかしそのハンディキャップが逆に独特の大きなドロップカーブを生み出すことになった

の年の堀内を最後にセ・リーグでシーズン25勝以上した投手はいない。V9を含め、巨人は1963年から1974年までセ・リーグMVPを独占したが、この間ON(王貞治・長嶋茂雄)以外で受賞したのは堀内が唯一。

角三男

変則的なフォームでタイミングが取りづらいことや地肩が強く連投が利く特長を生かして、早くから抑えのエースとして活躍、1981年には8勝20セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得して、チームのリーグ優勝にも貢献した。

王貞治監督時代の勝利の方程式「角-鹿取-サンチェ」は流行語にもなっている。

中村稔

5年目の1961年に参加したベロビーチキャンプでドン・ドライスデールから直接指導を受けてチェンジアップを習得[2]、この年17勝10敗防御率2.13(セ・リーグ6位)をマークしてチームの勝ち頭となり、川上哲治監督の初優勝に貢献する。

三澤興一

主に中継ぎで活躍する。時には先発することもあった。2000年には巨人の日本一に貢献している。

高橋 一三

高橋が一軍に復帰した年に入団した堀内恒夫と共に、V9時代の巨人投手陣の主力として活躍。エースである堀内と遜色ない成績を残していたため、“第二のエース”という意味で『左のエース』という呼び名で呼ばれた。今日、当たり前の野球用語として定着しているこの呼称は高橋から使われるようになったものである。

林泰宏

尼崎市立尼崎高等学校卒業。高校最後の夏の高校野球では、地区大会決勝戦で敗れ結局甲子園に出場はできなかったが、エースで4番の地元では有名な選手だった。

1979年のドラフト会議で巨人から1位指名。同じ年の3位指名は、現コーチの岡崎郁だった。 スリー・クォーター気味のフォームで投げ込む速球が武器で、中央では無名ながら将来のエースになる大器と宣伝された。

長身から投げ下ろす本格派。スピード豊かな直球のほか、シュート、フォークボールも投げる。

背番号
47 (1980年 - 1983年)
59 (1984年)
65 (1985年)

-Uncategorized

×